いざ チェンマイへ

まずは初日のようすを。
今回私たちが利用したのはタイ航空。福岡~バンコク(乗継)~チェンマイという行程です。私たちにとっては初のタイ航空利用でしたが、感想は「至ってフツウ」。(やっぱりSQと比べちゃダメですね)
でも、機内では早速タイビールを飲み、共有モニターで上映された映画も意外に楽しくて気分は上々。

ビックリしたのはバンコクのドンムアン空港。なんて分かりにくい空港なの~?
アジア各国への玄関口と聞いていたからもっとスムーズに移動できる空港かと思っていたけど、案内表示を見てもどこへ行けばよいのかさっぱり分からなかった。結局、案内所のお姉さんを見かけるたびに道を尋ね、なんとか国際線の乗り継ぎカウンターまでたどり着く。

タイ航空機内

バンコクからチェンマイへは国内線で約1時間。機内サービスの軽食を摘んだらあっという間に到着です。
チェンマイ空港からは、予めお願いしていた送迎でスムーズに移動。空港~市中心部までは車で10~15分くらいでしょうか。(ちなみに、今回お世話になったのは現地旅行会社のランベルツアーさん。宿の予約と送迎のみの利用だったのですが、対応もスムーズでしたし、初めてチェンマイに行くならオススメの旅行会社です)

さて車に乗り込み私たちが向かった滞在先は、チェンマイ旧市街にあるRachamankha。本当は、同系列で比較的カジュアルなホテルTamarind Villageの方に宿泊したかったのだけど、1ヶ月以上前に確認したときには、もう既に満室とのお返事。やっぱりタマリンド、人気なのね~(実はエスクァイアの記事を見て以来、チェンマイに行ったら是非泊まりたいと思ってたんだけど・・・ザンネン)
そういうわけで、今回はあまり気のすすまない第2希望のホテルに滞在することになったのですが・・・写真で見るのと実際泊まってみるのとではやっぱり違います。日を重ねるごとにこの落ち着いた雰囲気の虜になってしまい、最終日には「ラチャマンカに泊まってよかった~、第2希望でよかった~」としみじみ思いました。
ホテル詳細については、また後日。

ラチャマンカ 門


ホテルで少し休んだ後、早速ナイトマーケットへ。到着日はちょうど日曜日で、市街では地元向けのサンデーマーケットも催されていたのですが、そのときはすっかり忘れてて普通にナイトマーケットに行ってしまいました。日曜日だけのお楽しみ、覗いてみたかったな~

夕食がまだだったので、まずはナイトマーケット近くの麺料理店「ロット・ヌン」へ向かう。ここはチェンマイ満腹食堂にも掲載されていたお店。方向が全く分からなかったので、屋台売りのおじさんたちに地図を見せては現在地を教えてもらいました。チェンマイの人たちは総じてもの静かだけど、こちらが尋ねたことには親身になって相談にのってくれます。本当に皆、親切でいい人。

ロット・ヌン フィッシュヌードル

ロット・ヌンの店頭には、美味しそうな魚のすり身がたくさん並んでいたので、迷わずフィッシュヌードルをオーダー。他にも、海老がたっぷり入ったスープとか色々あったけど、タイ語は分からないしオーダー方法も曖昧だったので指差しでは普通のフィッシュヌードルが限界でした。
ここで初めて目にしたのは、噂に聞いていた4種の調味料。タイの屋台では、これらを適当に入れてスープを自分好みの味に調整するんですよね。私たちも、早速チャレンジ。個人的には辛味と酸味をちょっとだけ強めにきかせてみました。うん、オイシイ!

ロット・ヌン 店頭


さっぱりしたスープと、シコシコの麺が癖になりそうな美味しさ。
初のタイ飯を堪能し、腹八分くらいでお店を後にしました。ごちそうサマ!
[PR]

by lulurotb | 2006-08-25 23:39 | CHIANGMAI

<< ナイトマーケット ただいま >>