ワット・プラシン+カオマンガイ

c0093710_17234694.jpg

宿泊したホテル、ラチャマンカのすぐ裏手にあるワット・プラシン。
ここはチェンマイの数ある寺院の中でも、最も格式高い寺院だそう。
寺院の敷地内には学校もあり、あちらこちらで緋色の法衣をまとった若い修行僧の姿を目にします。

c0093710_17232234.jpg

ワット・プラシンの本堂には、手を合わせ何度も礼をしながらお祈りする人の姿が。
私も地元の人にならってお賽銭を払い、ご仏前にお花とお線香を供えお祈りしました。
ちなみに、今回初めて知ったのだけど、タイでは生まれた曜日ごとにその曜日の色や仏像が決まっていて、なるべく自分が生まれた曜日の色のものを身につけるようにしたり、お寺に行ったときには自分の生まれた曜日の仏像に拝んだりすることが幸運をもたらすと昔から信じられているそう。よく見てみると、同じ境内にも立ち姿、寝姿、坐り姿、などなど様々な姿勢の仏像が鎮座していて、みなそれぞれ違う仏像の前でお祈りしています。

ふと、私は何曜日生まれなんだろう?って気になったので、帰国してから調べてみることに。すると、私は日曜日生まれで色は赤、仏像は右手を上にして両手をお腹の上で組み、菩提樹を見つめている立像とのことでした。これからタイに行かれる方は、事前に自分の生まれた曜日を知っていると何かと便利?かも知れませんね。

c0093710_17235777.jpg

さて、お腹が空いたところで昼食を。またまた先述のガイドOさんに教えて頂いた、美味しいと評判のお店です。場所はワット・プラシンの程近く、「3人の王様の像」の前。O氏によると、この店の店主は1食20バーツ(約60円)のカオマンガイをひたすら売り続けて息子をハーバードに通わせた、という武勇伝の持ち主らしく、地元で知らない人はいない有名人だそう。そこまで言われたら、行かないわけにはいきません。

お店に到着すると、噂どおり店内は次から次へとやってくるお客さんでいっぱい。席についてカオマンガイを注文すると、ものの30秒で皿に盛られた蒸し鶏とスープ、鶏だしご飯が何故か1人につき2皿と、3種のソースが運ばれてきました。
・・・どうやってたべるんだろう?何でご飯が2杯もあるの??

何だか訳が分からなかったけど、とりあえず鶏肉をプレートの方のごはんにのせ、適当にソースをかけて頂きました。味の方は、さっぱりした鶏&ご飯と、激辛ソースの組み合わせが絶妙で、もちろん美味。
でも、もう1杯のごはんの意味と食べ方がどうしても分かりません。そこで、周りの人を観察してみると、ソースとご飯をまるごとスープに入れ、お粥のようにして食べている人を発見。
・・・でも、これって本当に正しい食べ方?

結局、私は茶碗に入った方のご飯はそのままでシンプルに頂き、スープも単独で飲んで食事を終えました。
どなたか、カオマンガイの正しい食べ方をご存知の方がいらっしゃったら是非教えてください。
[PR]

# by lulurotb | 2006-09-07 17:50 | CHIANGMAI

雑貨巡り@チャルンラート通り

ピン川の東岸に位置するチャルンラート通り。中国様式の古い建物が多く残り一見鄙びた印象の通りだけど、じつはアンティークや上質な手工芸品を扱うショップ、ギャラリーなどが多く軒を連ねるアートストリート。キャンドル&ホルダーが豊富に揃うオリエンタル・スタイル、上質シルクを扱うヴィラ・チニなど、見て歩くだけでも愉しいショップがならびます。

c0093710_0562973.jpg

その中でも思わず足をとめたのがSop Moei Arts(ソップ・モエイ・アーツ)。ここはカレン族の伝統手工芸品を現代風にアレンジした作品を扱うお店。テーブルクロス、壁掛け、クッション、どれをとっても日常生活になじむ素敵なデザインで、カレン族の丁寧な仕事ぶりや温かさが伝わってきます。時間を忘れて一点一点見いってしまいました。

Sop Moei Artsで購入したもの。
c0093710_0565348.jpg

コットンの手提げバッグ。
鮮やかな色づかいやテキスタイル、お米のカタチをしたビーズ
ぽこぽこ付いてる小さな玉結びとか、とにかく全部が可愛い!
冬服のシンプル・コーデのアクセントに良さそう。


c0093710_057446.jpg

こちらはメンディッシュ用プレート。
セラドンの優しい色合いも素敵だけど
こんな渋い色の方が和食には合うかなと思って。
個人的にはトンカツとキャベツを載せたい気分。


c0093710_1375063.jpg
竹を編んで作られたフラワーベース。
素材はアジアンなのに、仕上がりはどことなくヨーロピアン。
近年、山岳民族の間で竹を編む技術は次第に廃れていく一方だったそうですが
Sop Moei Artsの活動で復活しつつあるようです。



Sop Moei Artsでのお買い物を終えたところで、たちまち空に暗雲が。スコールです。
とりあえずどこかで雨宿りを、とかけこんだのはザ・リバーサイドというレストラン。ピン川沿いには景色を一望できるお洒落なレストランが何店か営業していて、ここもそのひとつ。

c0093710_057153.jpg

川ぞいのテーブルに座り、カクテルを飲みながらしばし休憩。写真右のカクテル、「ザ・リバーサイド・スペシャル」という名前。甘くてとても全部は飲めなかったけど、あざやかな赤と、緑のチープなマドラーの組みあわせがタイらしくてキュート。

c0093710_0573664.jpg

30分くらいで雨も止み、ふたたび散策開始です。
店頭のディスプレイにひかれてLa Luna Galleryにたち寄りました。店内にはチェンマイ近郊の画家さんが描かれたというコンテンポラリー・スタイルの絵がずらり。どれも本当に素敵なものばかりだったのだけど、特にタイならではのゾウをモチーフにしたSupachet Bhumakarn氏の作品(Things Called Art)が気に入り、値段も適当だったので、旅行の記念に小さな絵1枚と絵ハガキ1セットを購入。リビングの白い壁に似合いそう。


この他にも紹介しきれないほど素敵なショップが盛りだくさんのチャルンラート通りでした。
疲れたら気軽に休めるレストランもあるので、ぜひゆっくり時間をかけてまわってみたいエリアです。
[PR]

# by lulurotb | 2006-09-03 04:31 | CHIANGMAI

市場をぶらぶら

今日は市場へ行こ~、とはりきってホテルを出発しトゥクトゥクのお兄ちゃんと交渉していたところ、後ろの方から「Mさ~ん!」と呼びとめられる。誰かと思ったら、現地ツアー会社のOさんでした。私たちは特に観光ツアーの申し込みとかしていなかったのだけど、たまたま所用でホテルに来ていたOさん曰く、「どこかへ出かけられるなら、会社に帰るついでに車でお送りしますよ」とのこと。お言葉に甘えて、目的のワロロット市場まで送っていただくことにしました。

Oさんと色々お話しながらドライブしていると、視界に入ってきたのは大きな寺院。聞くと、「ワット・チェディ・ルアン」という有名なお寺だそう。「時間があるならちょっと寄ってみましょうか?」というOさん。またまたお言葉に甘えて、寺院内を散策してみることに。

c0093710_19384797.jpg

写真左がワット・チェディ・ルアン。写真で見ると小さく見えるけれど、間近で見るとその大きさと荘厳さに圧倒されます。本来は高さ80Mほどもあるもっと大きな仏塔だったそうですが、いまから約500年前の大地震で上の部分は崩壊してしまったらしい。当時、チェンマイ旧市街のほぼ中心にそびえていた仏塔は、きっとお堀の外からも見えるほど大きく、街の象徴のような存在だったろうと思います。地震さえなければ・・・

写真右は、ランナー様式のお寺。ランナー様式の特徴は、日本の合掌造りのような屋根と、屋根先端部分の装飾だそうです。ちなみに、タイの寺院は古くなるとすぐに新しいお寺に建て替えられるらしく、基本的に古いお寺というのはあまり残っていないそう。なるほど、タイの寺院はどれを見てもツヤツヤ&ピカピカ。改修工事の繰り返しで、とことん本来の姿を維持しようとする日本とは対照的ですね。

c0093710_1939174.jpg

そんなこんなで無料ガイドさん付きの寺院見学を終え、ワロロット市場に到着。(Oさん、ありがとう~)
ワロロット市場はチェンマイで一番大きな市場らしく、まさに市民の台所。野菜やフルーツ、日用品やお花まで、ありとあらゆるものが揃います。
なかでも歩いていて一番楽しかったのは花市場。軒先に並ぶ見たこともない蘭や菊、お供え用のアレンジメント、周囲に立ちこめる甘~い香り・・・ チェンマイは本当に、花の似合う街。

c0093710_19391318.jpg

道端には屋台が並びます。チェンマイらしい食べ物もたくさん。写真右はネーム。豚肉ともち米を混ぜ合わせ、ライムや香辛料を加えて発酵させたもので、独特の酸味が特徴。左は川エビの掻揚げでしょうか?残念ながらこのときはお腹が全然空いてなくて、どちらも食べてません。チェンマイ・ソーセージだけでも食べたかったよぉ~


c0093710_19413511.jpg

こちらは先述のガイドOさんに教えてもらった、抜群に美味しいという豚の唐揚やさん。
たしかに、人だらけの市場のなかでも、ここが一番賑わってる。
早速私たちも購入しようと試みるものの、ちょうどお昼どき、次から次から人が押し寄せてきてなかなか店員さんをつかまえることができません。2人であたふたしていると、英語で声をかけてきてくれたのは、隣りにいたチェンマイ人青年。「僕の分と一緒に注文してあげるよ。何が欲しいの?」って。なんて優しいの~?!
結局、親切な彼にお願いして、大きな骨付き豚ロース1枚と一口サイズの唐揚100グラムを購入。
カリカリ熱々&スパイシーですっごく美味しかったです。


c0093710_19394343.jpg


この緑のタレも、その唐揚やさんで買ったもの。
現地の人たちが豚の唐揚といっしょに決まってこの緑のタレともち米を買っていたので、私も真似して購入してみました。調べてみると、このタレ、ナムプリック・ヌムというみたい。青唐辛子に、ホームデーン(赤いらっきょうのような色・形をしたユリ科の野菜)、焼いたニンニク、ナスを加えてペースト状にしたもので、もち米やゆでた野菜につけて食べるそうです。チェンマイの人は、ナムプリックがあればおかずはいらないというほど皆ナムプリック・ヌムが大好きで、家庭によって味もさまざまなのだとか。これを聞いて思い出したのは、インドネシアの代表的調味料、サンバル。サンバルも、バリ(インドネシア)の人にとっては欠かせない調味料、まさにおふくろの味。お米と辛~い調味料が欠かせないところといい、豚肉をよく食べるところといい、なんだかバリとチェンマイってよく似てるな~って思った。
このナムプリック、日本に持ち帰って食べてみたのだけど、汗の出るような刺激的な辛さの後に独特の旨みが口中に広がって、後引く美味しさ!! サンバルも大好きだけど、ナムプリックも全然負けてません。もっとたくさん買って帰ればよかった~と今更後悔。しようがないから、ちびちび食べてます。
[PR]

# by lulurotb | 2006-08-31 22:19 | CHIANGMAI

ナイトマーケット

c0093710_0311617.jpg

チェンマイのナイトマーケット。
昼は車やバイクの行き交うただの大通りが、夜になると賑やかな市場へと一変します。道の両脇には数えきれないほどの露天が軒を連ねていて、ちょうど日本の縁日みたいな光景。でも、お祭りみたいな賑やかさがここでは毎晩続いてるんだと思うと、何だか不思議な感じ。
道沿いのビルにもマッサージ屋、靴屋・・・といろんなお店が入っていたので、気のむくままに歩いてみることに。

c0093710_2241953.jpg

とあるビルの地下でみつけた、「ナイト・ギャラリー」。
ここでは自分の好きな写真を提示すれば、その写真を本物そっくりに模写してくれます。
たくさんの画家が営業しているけど、どこのお店もびっくりするほど上手い!早い!そっくり!!
器用に描くようすをしばらくボーっとながめていました。今度来るときはぜひ家族写真を持ってきて記念に描いてもらおう。

c0093710_2264732.jpg

お腹がすいてきたら、屋台でつまみ食い。デザート気分だったので、「バナナ・ロティ」を食べることに。
バナナ・ロティ、見た目はクレープみたいなお菓子。粘性のある生地をナンをつくるときみたいにビヨーンビヨーンと薄く伸ばして鉄板で焼き、刻んだバナナをのせてくるんだらたっぷりのシュガーとコンデンスミルクをかけてできあがり。

本当は生地に卵を入れるのが定番みたいだけど、私たちはけっこうお腹いっぱいだったので、卵ナシ&甘さ控えめで作ってもらいました。本当に美味しくって、2人でペロリと完食。
やっぱり辛いタイ料理を食べたあとは、甘いものを食べて胃をおちつかせるのが一番。

c0093710_0323040.jpg

ナイトマーケットで買ったもの。
アカ族刺繍のクッションカバー。
ナイトマーケットでは少数民族系のシルバーアクセやビーズ製品などもたくさん見かけますが、どれも観光客向けで、上質とはほど遠い印象でした。このクッションカバーも、しかり。でも、こんなチープな(1枚300円くらい)クッションカバーでも、家に飾るととっても可愛いアクセントになってくれてすごく気にいってます。
[PR]

# by lulurotb | 2006-08-27 01:55 | CHIANGMAI

いざ チェンマイへ

まずは初日のようすを。
今回私たちが利用したのはタイ航空。福岡~バンコク(乗継)~チェンマイという行程です。私たちにとっては初のタイ航空利用でしたが、感想は「至ってフツウ」。(やっぱりSQと比べちゃダメですね)
でも、機内では早速タイビールを飲み、共有モニターで上映された映画も意外に楽しくて気分は上々。

ビックリしたのはバンコクのドンムアン空港。なんて分かりにくい空港なの~?
アジア各国への玄関口と聞いていたからもっとスムーズに移動できる空港かと思っていたけど、案内表示を見てもどこへ行けばよいのかさっぱり分からなかった。結局、案内所のお姉さんを見かけるたびに道を尋ね、なんとか国際線の乗り継ぎカウンターまでたどり着く。

タイ航空機内

バンコクからチェンマイへは国内線で約1時間。機内サービスの軽食を摘んだらあっという間に到着です。
チェンマイ空港からは、予めお願いしていた送迎でスムーズに移動。空港~市中心部までは車で10~15分くらいでしょうか。(ちなみに、今回お世話になったのは現地旅行会社のランベルツアーさん。宿の予約と送迎のみの利用だったのですが、対応もスムーズでしたし、初めてチェンマイに行くならオススメの旅行会社です)

さて車に乗り込み私たちが向かった滞在先は、チェンマイ旧市街にあるRachamankha。本当は、同系列で比較的カジュアルなホテルTamarind Villageの方に宿泊したかったのだけど、1ヶ月以上前に確認したときには、もう既に満室とのお返事。やっぱりタマリンド、人気なのね~(実はエスクァイアの記事を見て以来、チェンマイに行ったら是非泊まりたいと思ってたんだけど・・・ザンネン)
そういうわけで、今回はあまり気のすすまない第2希望のホテルに滞在することになったのですが・・・写真で見るのと実際泊まってみるのとではやっぱり違います。日を重ねるごとにこの落ち着いた雰囲気の虜になってしまい、最終日には「ラチャマンカに泊まってよかった~、第2希望でよかった~」としみじみ思いました。
ホテル詳細については、また後日。

ラチャマンカ 門


ホテルで少し休んだ後、早速ナイトマーケットへ。到着日はちょうど日曜日で、市街では地元向けのサンデーマーケットも催されていたのですが、そのときはすっかり忘れてて普通にナイトマーケットに行ってしまいました。日曜日だけのお楽しみ、覗いてみたかったな~

夕食がまだだったので、まずはナイトマーケット近くの麺料理店「ロット・ヌン」へ向かう。ここはチェンマイ満腹食堂にも掲載されていたお店。方向が全く分からなかったので、屋台売りのおじさんたちに地図を見せては現在地を教えてもらいました。チェンマイの人たちは総じてもの静かだけど、こちらが尋ねたことには親身になって相談にのってくれます。本当に皆、親切でいい人。

ロット・ヌン フィッシュヌードル

ロット・ヌンの店頭には、美味しそうな魚のすり身がたくさん並んでいたので、迷わずフィッシュヌードルをオーダー。他にも、海老がたっぷり入ったスープとか色々あったけど、タイ語は分からないしオーダー方法も曖昧だったので指差しでは普通のフィッシュヌードルが限界でした。
ここで初めて目にしたのは、噂に聞いていた4種の調味料。タイの屋台では、これらを適当に入れてスープを自分好みの味に調整するんですよね。私たちも、早速チャレンジ。個人的には辛味と酸味をちょっとだけ強めにきかせてみました。うん、オイシイ!

ロット・ヌン 店頭


さっぱりしたスープと、シコシコの麺が癖になりそうな美味しさ。
初のタイ飯を堪能し、腹八分くらいでお店を後にしました。ごちそうサマ!
[PR]

# by lulurotb | 2006-08-25 23:39 | CHIANGMAI

ただいま

チェンマイの風景

チェンマイから戻ってきました。

チェンマイは噂に聞いていたとおり、とても静かで美しい街。
人も穏やかで、街は花で溢れていて、気づけば毎日「平和だね~」と呟いてた。
こんなに「平和」という言葉が似合う街、世界中探してもそうそうないんじゃない?
ロングステイ人口が多いのも、納得です。

チェンマイはちょうど雨季だったけど、実際雨の降る時間は意外に短くて、この時期の日本に比べると格段に過ごしやすかった!おかげサマで、散歩もショッピングも快適に愉しめました。
チェンマイのゆったりとした時間の流れに身をまかせていると、小さなシアワセがじわじわと身に沁みてきて、自然と穏やかな気持ちになれました。こんなに心落ち着く旅って、いままでなかったような気がします。
そしてそして、最後にはやっぱり「帰りたくない病」になってしまった私。

次回からは、そんな私が体験したチェンマイの魅力をちょっとずつご紹介していきたいと思いマス。

P.S. おかげサマでショコラは元気に待っててくれました。ショコラ、ありがとー。
[PR]

# by lulurotb | 2006-08-25 23:33 | CHIANGMAI